食品と栄養の事典
*

ビフィズス菌の効果と効能・サプリ

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌配合のヨーグルト飲料ビフィズス菌は人間や動物の腸内に存在する乳酸菌の一種です。 腸内にある善玉菌の99.9%以上はビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌などの他の菌です。

ビフィズス菌には腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を追い出して腸内環境を整える働きをします。

健康なときには、ビフィズス菌は腸内に多く存在することができますが、下痢や便秘など腸内環境が悪化するときにはビフィズス菌は少なくなり大腸菌などの有害な菌が優位になってしまいます。

ビフィズス菌を摂取しても腸内で働く期間は1週間程度といわれ、大量摂取しても特に副作用などがないので安心して摂取できます。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌とよく比較されるのが乳酸菌です。どちらも腸内で善玉菌として活躍できるという点では変わりないのですが、人間の腸内に生息している数は、ビフィズス菌の1~10兆に対して乳酸菌はその1/10000~1/100以下です。

また、乳酸菌は酸素があっても生育できる(通性嫌気性)に対しビフィズス菌は酸素があると生育できません(偏性嫌気性)、そのため乳酸菌は牛乳やヨーグルト、漬物などの発酵食品に含まれますがビフィズス菌は一般的な食品には含まれません。

ビフィズス菌入りのヨーグルトは発酵の過程でビフィズス菌を加えているため、一般的なヨーグルトには乳酸菌しか含まれていません。ヨーグルトの整腸作用は、ビフィズス菌入りのヨーグルトの方が高いのでヨーグルトに整腸作用を期待する場合はビフィズス菌入りのヨーグルトを選びましょう。

ビフィズス菌の効果や効能とは

ビフィズス菌の基本的な効果としては、整腸作用です。腸内の善玉菌を増やし蠕動運動を活発にするため便秘解消などの作用があります。他にも、免疫力を高めたり、血中のコレステロールを下げたり、ガンの予防効果が最近の研究で報告されています。

ビフィズス菌を効率的に増やすには

ビフィズス菌を効率的に増やすことで免疫力を高めたり、アレルギーに対する抵抗が高まったり、腸内環境をよくして便秘や下痢の不安を解消したりといいことがたくさんあります。ここではビフィズス菌を効率的に増やす方法について解説します。

ビフィズス菌配合のヨーグルトや乳酸菌飲料を摂る

体内でビフィズス菌を増やすためには、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで摂ることですが、ビフィズス菌は摂取したからといって急には増えないため毎日少しづつでも摂ることが重要です。

また、ビフィズス菌そのものを増やす方法としてミルクオリゴ糖や乳糖などを一緒に摂取するとさらに効果的です。最近では、これらの成分が同時に配合されたヨーグルトや健康食品などが多数販売されています。

水溶性食物繊維を摂る

ビフィズス菌を増やすためには、ビフィズス菌が好む食べ物を摂ることが一番手っ取り早くビフィズス菌を増やすコツです。水溶性食物繊維は、ビフィズス菌が好む食べ物なので腸内のビフィズス菌の量を増やすことができます。

水溶性食物繊維は、ごぼうやにんじん、サツマイモなどの野菜、納豆、わかめ、ひじきなどの海藻類に多く含まれています。また、水溶性食物繊維は腸内の余分な物質を吸着し排出する作用があるためビフィズス菌を増やす以外にも腸内環境を整える手助けをしてくれます。

オリゴ糖を摂取する

ビフィズス菌の好物といえばオリゴ糖が有名です。オリゴ糖は、人間の消化酵素では分解されないため消化されずに大腸まで届きビフィズス菌を増やすことに役立ちます。オリゴ糖は、ごぼうやえんどう豆、たまねぎ、はちみつなどに多く含まれています。

乳糖(ラクトース)を摂取する

ビフィズス菌は乳糖を分解して酢酸をつくる働きがあるため、悪玉菌を排除する働きのある酢酸が増えればビフィズス菌が増えて腸内環境がよくなります。乳糖は、牛乳、ヨーグルト、チーズなどに含まれています。

ビフィズス菌摂取に関する注意点

ビフィズス菌の1日の摂取量などは特に決められていません。サプリメントや栄養補助食品などで摂取する場合は製品の用法を確認してください。その他一般の食品としては、ビフィズス菌配合のヨーグルトや一部の乳製品などに含まれています。また、乳酸菌飲料として数社からビフィズス菌が含有されている飲料がでています。

ビフィズス菌を多く摂ろうとして、ヨーグルトを多く食べると脂質も多く摂取してしまうことになるので注意してください。

また、ビフィズス菌は胃酸や胆汁酸などの酸に弱い菌なので、そのまま摂取しても腸まで届かないともいわれています。ヨーグルトや飲料から摂取する際は、食後の胃酸が薄まったときに摂ることや、サプリメントでは胃酸に強い特殊なカプセルの製品を選ぶといいでしょう。

ビフィズス菌のサプリメント

ビフィズス菌は32種類に分けられ、そのうちヒトの体内で存在が確認されたのは10種類です。ビフィズス菌のサプリメントは種類の異なるビフィズス菌の特徴を生かし各メーカーが効果が高まるように独自の配合にしています。

また、ビフィズス菌は酸や酸素に弱いためヨーグルトや乳酸菌飲料などから摂取しても腸まで届かないともいわれています。サプリメントの場合、カプセルに胃酸で溶けないような特殊なコーティングをしている商品もある上に、配合量が段違いなので生きたままビフィズス菌を届けることができます。