食品と栄養の事典
*

カプサイシンの効果や効能、副作用

カプサイシンとは

カプサイシン(capsaicin)は唐辛子の辛味成分の一つです。カプサイシンは加熱しても壊れないため加熱調理しても辛さはなくなりません。

唐辛子は調味料や料理に混ぜて味付けや食欲増進の目的で使われますが、唐辛子に含まれるカプサイシンは粘膜を傷つけるため、摂りすぎるとのどや胃が荒れてしまう原因となります。

カプサイシンは、脂溶性のため水にはほとんど溶けないため、唐辛子入りの辛い食べ物を食べて薄めようと水を飲んでも辛さは収まりません。一方で油やアルコール、酢には溶けやすいため、辛さを抑えるためには、お酒、スープ、オイルなどを口に入れることで辛さを抑えることが可能です。

カプサイシンには殺菌作用があり、摂取すると中枢神経を刺激して副腎皮質からアドレナリンを活発に分泌させます。また、脂肪を燃焼させる効果などがあるため、肥満防止やダイエットなどに有用だといわれていますが、科学的なデータはまだ十分ではないようです。

カプサイシンの効果や効能

摂取されたカプサイシンは、中枢神経を刺激してアドレナリンなどのホルモンの分泌を促すため脂肪を分解する酵素が活性化されます。 そのため、エネルギーの代謝が活発になり、体内に蓄えられている脂肪の分解を促進させます。

エネルギーの代謝が活発になると、体が熱くなったり汗をかきます。体が温まることで、血行が促進され「冷え」、「むくみ」、「肩こり」などが解消されます。他にもカプサイシンには、殺菌作用や食欲増進、疲労回復、老化防止などの様々な作用があることが知られています。

カプサイシンはダイエットに効果的?

カプサイシンがダイエットにいいといわれているのは、摂取することでアドレナリンが分泌され、グリコーゲンや脂肪の分解が促進されるためです。 その結果、体脂肪を燃焼させて体から余分な脂肪を落とします。

しかし、カプサイシンには食欲を増進させる作用もあわせ持つので、ダイエット目的で摂取する場合は食べ過ぎてしまわないように注意が必要です。

カプサイシンを摂取時の注意点

カプサイシンは食品では唐辛子、ししとう、ラー油、豆板醤、鷹の爪などに含まれています。唐辛子を大量に摂ると、胃壁を荒らしたり、味覚障害におちいったり、痔になったりするので過剰に摂るのは避けた方がよいでしょう。

また、カプサイシンは摂取すると舌や喉、胃などに刺激を与えます。人間は刺激を感じるとストレスがかかるのでストレスの回避行動として副腎からアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンは過剰に分泌されると大脳辺縁系の扁桃体や海馬が損傷を受けるので、パニック障害やウツ、睡眠障害などの精神疾患をわずらう可能性があります。

ヨーロッパではカプサイシンの毒性を問題視している国もあるので、常識的な摂取は問題ありませんが日常的に大量のカプサイシンを摂取することは注意したほうがよさそうです。