食品と栄養の事典
*

セサミンの効果と効能【多く含む食べ物・サプリ】

セサミンとは?

ゴマは多くの成分を含み健康によいとされていますが、セサミンはそのゴマに含まれている多くの健康成分の中の一つです。

ゴマは昔から健康によいと言われていましたが、それはゴマリグナンという重要な栄養素が含まれているためです。

ゴマリグナンには「セサミン」、「セサミノール」、「セサモリン」、「セサモール」などがあり、セサミンやセサミノールには強い抗酸化作用があることが知られています。

特にセサミンには、美容やアンチエイジングの効果などあるため近年ではサプリメントや健康食品にも配合され、人気の成分となっています。

セサミンの効果や効能

セサミンは血液中のコレステロール値や血圧を下げることで有名です。 コレステロール値を下げることで動脈硬化を予防することができます。

抗酸化作用やアンチエイジング(老化防止)の働きもあるため、美容にもいい影響を与えることがわかっています。 他にも、アルコールの分解の過程でつくられる有害なアセトアルデヒドの発生を抑えて、二日酔いを防止したり肝機能を向上させる働きなどがあります。

抗酸化力による老化防止、美容効果
悪玉コレステロールの増殖を抑制
動脈硬化や血管障害の予防や改善
肝機能を高め二日酔いを予防
疲労回復や風邪などの予防

セサミン摂取時の注意点

セサミンの健康効果を得たい場合の1日の摂取量は約10mgが目安といわれています。セサミンを多く含む食べ物はゴマですが、そのゴマですら1粒に1%以下しか含まれていないので、推奨量に換算した場合、約3000粒ぐらいのゴマを食べなければなりません。そのため、サプリメントや栄養補助食品などから摂取する方が効率的に摂る事ができるでしょう。

現在売られているセサミンのサプリメントには、抗酸化作用の強いビタミンEやコエンザイムQ10などが同時に配合されており、さらに抗酸化効果が高まるように工夫されています。

セサミンを多く含む食べ物

セサミンはゴマから摂れる栄養素として有名になりましたが、米や麦にもセサミンは含まれています。しかし、米や麦は精米を行うとセサミンの成分は取り除かれてしまうので米や麦から十分な量のセサミンを摂取することは難しいでしょう。

また、ゴマに含まれているといっても1粒に1%以下しか含まれない上に、厚い皮で覆われているのですりつぶして摂取しないと体内へ取り入れることができません。

セサミンの副作用や注意点

セサミンは元々ゴマに含まれている成分なので特に問題となる副作用などは報告されていません。食べ物から摂取する場合は過剰摂取は心配ありませんが、サプリメントから摂る場合は、過剰摂取を避けて容量や用法を守って摂取してください。

また、ゴマアレルギーでの問題についても現在のところ報告はされていませんが、セサミンはゴマから抽出された成分のため、ゴマアレルギーのある人は摂取を控えたほうがいいでしょう。

セサミンのサプリメント

セサミンの効果を得ようというときには、食べ物から摂るのは難しいのでサプリメントから摂取するのが適しています。セサミンのサプリメントを選ぶときにはセサミンの含有量やセサミン以外にどんな成分が配合されているのかをチェックすることが大切です。

セサミンの効果を得るための1日の摂取推奨量は10mgなので、多くのサプリメントが2~3粒で1日に10mg程度のセサミンを摂れるように配合されています。逆に1日に10mgよりも少ないセサミン含有量の商品は配合量が不足です。

また、セサミンと同時に配合されている成分として多いのがビタミンEやコエンザイムQ10といった抗酸化作用のある栄養素です。セサミンの期待できる効果でなにを重視するのかによって同時に配合している栄養素を選ぶのがいいでしょう。