食品と栄養の事典
*

クロレラの効果や効能、副作用

クロレラとは

クロレラ(chlorella)とは、淡水中に生息する単細胞の植物のことで緑藻の種類の一つです。自然に生存する生物ですが、食用としても特定の種類のクロレラが培養されていて、いろいろな病態の予防や改善などに利用されています。

クロレラの60%は良質のたんぱく質でできており、葉緑素、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維などが 豊富に含まれているため体の抵抗力を高めるアルカリ性食品として注目されています。

クロレラの効能として一般的には「免疫能の向上効果」「コレステロールや糖質の吸収を抑制する効果」などが有名ですが、人間への効果への信頼できるデータはまだないため研究段階といえるでしょう。

ただし、クロレラは自然界に存在する生物なのでその成分は完全には解明されていません。そのため、なぜクロレラが体にいいのか未知の部分も多く、ひっとしたら人間の体に有効な知られていない成分が発見されるかもしれません。

クロレラの効果や効能

クロレラの主な特徴としては、まず栄養バランスのよさが挙げられます。アミノ酸を中心として葉緑素(クロロフィル)やビタミンA・B群、 ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、ナイアシン、マグネシウム、鉄、食物繊維など、必要な栄養素のほとんどをカバーしています。また、タンパク質(アミノ酸)が60%以上というのは他の植物にはほとんどないぐらい多いため、未来の食料資源として研究されています。

他にも、クロレラの効能としては新陳代謝を活発にして免疫力を高める作用、抗ウイルス作用などがあります。 クロレラに含まれるクロロフィルには発ガン物質を吸収する作用があるので、抗癌作用などもあります。また、βカロチンやルチンなども含まれるため抗酸化作用も期待できます。

クロレラの副作用や注意点

クロレラは通常の食品に近いのですが、人体への相性があるため人によっては嘔吐、下痢などの症状が出る場合があります。また、ビタミンKが多く含まれているため抗凝固薬のワルファリンの効果を減少させる働きがあるので注意が必要です。

クロレラはタンパク質を多く含有している為、アレルギーにより湿疹、かゆみ等を伴うことがあります。クロレラに含まれるクロロフィルという成分は日光アレルギーを発症する可能性があります。クロレラを摂取したことで体に異常があらわれたらスグに服用を中止した方がいいでしょう。

以前にクロレラで皮膚炎が問題になったことがありましたが、現在では厚生労働省により原因物質の含有が制限されているため信頼できる商品であれば用法や容量を守っていれば特に問題はないと考えられます。