食品と栄養の事典
*

ニンニクの効果や効能、サプリ

ニンニクの特徴

ニンニクはユリ科の植物で玉ねぎの仲間です。 ニンニクには「アリシン」という物質が含まれるため独特の強い匂いがあります。このアリシンには強い殺菌作用やビタミンB1の吸収を高めたる働きなどがあります。

アリシンは、ニンニクの細胞を壊すことで発生するため、ニンニクの薄皮をむいただけではそれほど匂いはありません。ニンニクからアリシンの効果を期待したい場合にはニンニクを刻んだり潰したりして調理してから食べるとよいでしょう。

ただし、アリシンは殺菌作用が強力なため食べ過ぎると腸内の善玉菌なども死滅させてしまいます、 生のニンニクで1日1片程度、加熱したものでも1日2片程度を目安に食べ過ぎないようにしてください。

ニンニクの効果や効能

ニンニクは、万病に効くといわれることから様々な効能が知られています。特に有名なのは、疲労回復の作用で匂い成分のアリシンとビタミンB1が体内で結合してできるアリチアミンが 身体を疲れにくくし、だるさ、疲労などを除去する働きをしてくれます。

また、ニンニクにはスコルジニンという成分が含まれています。このスコルジニンは新陳代謝を活発にするので食べ物が十分に消化され栄養分が体内にいきわたります。またスコルジニンはビタミンB1の効果を高める作用もあるので疲労回復によいといわれています。

他にも、ニンニクには強い抗菌、殺菌作用によりウイルスや細菌から体を守る、免疫力の向上、食欲の増進、血行促進、血栓予防などの様々な効能があります。

ニンニクの効果で最近注目を集めているのが、ニンニクにしか含まれない「S-アリルシステイン」という栄養成分です。この強い「S-アリルシステイン」は、強い抗酸化作用により悪玉コレステロールを抑制・除去し、がん予防、高血圧改善、アルツハイマー予防、動脈硬化予防、心臓疾患予防などに効果が期待できるとされています。

ニンニクでガン予防

ニンニクの効果にはガン予防があります。ニンニクを多く食べる人のガン発生率は食べていな人に比べて少ないという研究結果があります。韓国や中国東北部などの土地柄ニンニクをよく食べている地域ではガン患者が少ないといわれています。

ニンニクがガンを予防する理由として、ニンニクに含まれるDATS(ジアリルトリスルフィド)の存在があります。DATSは、がん細胞を正常な細胞にしたり、ガン細胞の増殖自体を抑えるということがわかりました。

ただし、これらのガン予防の実験は複数行われていますが、ニンニクの種類や量についてはまちまちなので、どのようなニンニクをどの程度摂取すればいいのかははっきりしていません。

参考:https://www.cancerit.jp/12714.html

 

ニンニクのニオイを消すには

ニンニクは様々な効能があるので積極的に摂取したい食べ物ですが困るのは翌日にも残ってしまうあの強烈な匂いです。

しかし、においの元であるアリシンには多くの効能があるため、においを抑えてせっかくのニンニクのパワーをなくしてしまうのももったいない気がします。

ニンニクのにおいを消すには、切ったり潰したりせずにそのまま加熱することが一番です。

また、ニンニクのにおいにいいのが、緑茶、紅茶、ウーロン茶などの飲み物です。ニンニクの臭いはお茶に含まれるカテキンによって分解されるので、ニンニクを食べたらお茶を飲むことを習慣にするといいでしょう。

他にもニンニクのにおいを消すには、しょうがや胡椒などの香辛料、乳製品、肉、魚などのたんぱく質と一緒に食べることである程度は抑えられます。

ニンニクの成分

ニンニクには、たんぱく質、糖質、ビタミンB1、B2,C、カリウムなどの様々な栄養素が含まれています。特にカリウムが多く含まれているので、塩分量を調整してむくみの原因である余分な塩分と水分を体外に排出してくれます。

ニンニク100g当たりの成分(1片は約5g)

食物繊維 5.7g
カリウム 530mg
リン 150mg
ビタミンC 10mg
ビタミンB6 1.50mg
ビタミンB1 0.19mg

 

ニンニクのサプリメント

ニンニクは、その栄養効果からサプリメントとしていろいろな製品が販売されています。「ニンニクのサプリ?ニンニク食べれば同じでしょ?」と思うかもしれませんが、ニンニクをサプリメントにすることで次の日まで残ってしまう強烈なニオイの心配がない、毎日ニンニク料理を作る手間がいらない、ニンニクに相乗効果のある別の栄養素を配合している、健康効果の高いニンニクを使用しているなどメリットは多数あります。

そしてニンニクを配合したサプリを選ぶポイントとしては、国産のニンニクを原料としているサプリを選ぶことです。「国産にんにく」は「中国産にんにく」と比べ高価なことが多いのですが、それは収穫までの手間が異なるためです。特に栄養素の違いと、農薬の有無といった健康効果に直接関係する部分で大きな差異があるのです。

そして、サプリメントが食べ物のニンニクよりも優っているのは、「S-アリルシステイン」の含有量。「S-アリルシステイン」は抗酸化力が強く、がん予防やアルツハイマー予防、高血圧予防など様々な健康効果があると説明しました。

その「S-アリルシステイン」は、熟成することで増加するのです。通常のニンニクに含まれるS-アリルシステインは1gあたり0.03mg、熟成することで1gあたり2.40mgグラムと、約80倍に増加したという研究結果があります。

このようにニンニクを熟成させてサプリメントとして配合した製品であれば「S-アリルシステイン」の量が普通のニンニクよりも多いのでもともと高いニンニクの健康効果が数倍~数十倍に高まるともいえるのです。