食品と栄養の事典
*

βグルカンの効果と効能【多く含む食べ物・サプリ】

βグルカンとは

βグルカン(β-glucan)はアガリクスや霊芝などのキノコ類に多く含まれる特殊な成分で細胞膜を構成している多糖類などと同じで不溶性食物繊維の仲間です。人間はβグルカンを分解する酵素を持っていないので摂取しても胃腸で消化・分解されず、腸内の免疫担当細胞に直接働きかけます。

βグルカンには、ガンの予防やガンの増殖を抑える作用があると言われて注目を集めています。アガリクスやメシマコブなどがガンに効果があると言われているのは、βグルカンが多く含まれているためといわれています。

βグルカンは糖の結合の仕方によって作用が異なり、キノコに含まれていてもキノコの種類によって期待される作用が微妙に異なっています。そのため健康食品などでは大麦由来、アガリクス由来、メシマコブ由来など原料が提示してあることがほとんどです。

βグルカンの効果や効能とは

βグルカンは体内のガン細胞や感染細胞を攻撃したり、免疫力や抵抗力を高める作用があるといわれています。また、体内に侵入した細菌や異物を除去したり発病を抑える効果も期待できます。

他にも、免疫力の向上によりアレルギー反応の沈静化、血糖値を下げる、血圧を抑える、腸を刺激して便通をよくする作用、コレステロール値を低下させる働きなどがあるとされています。

健康への効果がさらに高いβ-Dグルカンという種類があり、サルノコシカケ科、シメジ科、ハラタケ科のキノコに多く含まれています。アガリクス(ひめまつたけ)にはβグルカンが特に多く含まれるため人気が高いようです。

免疫力を高める
βグルカンは免疫システムで重要な白血球を活性化することにより免疫力をアップし、アレルギーの予防や改善に効果があるとされています。

ガンを抑制する
βグルカンは、ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させガンを抑制する効果があるとされています。

コレステロール値を下げる
不溶性食物繊維なので水分を吸収して不要物、コレステロールなどを体外へ排出します。

腸内環境を整える
βグルカンは食物繊維の一種なので、腸内に存在する異物などの体内の不要物質を排除して腸内環境を整えます。

βグルカンを多く含む食べ物

βグルカンを多く含む食品としては、キノコ類、酵母類、海草類があります。

キノコ類:アガリクス、霊芝、椎茸、メシマコブ、マイタケ、ハナビラダケ、なめこ、カバノアナタケ
酵母類:パン酵母、黒酵母、大麦、オーツ麦、ビール酵母
海藻類:フコイダン

βグルカンの副作用や注意事項

βグルカンはキノコなど自然の食品に含まれている成分なので摂取時の副作用に関する報告はほとんどありません。しかし、免疫増強効果をもったサプリメントの使用で腫瘍を悪化させる危険性も指摘されているため自己免疫疾患や炎症性疾患などがある場合には悪化する可能性があるので必ず主治医に相談してください。

免疫力の向上については、感染症への抵抗という点では有効ですがガンを縮小させる効果については、十分に証明されておらず環境やガンの種類によっては悪化することもあるので注意が必要です。

βグルカンのサプリメント

βグルカンは、クレスチンやピシバニールといった薬剤やアガリスクやメシマコブ、漢方薬にも一部が使われています。βグルカンは、アガリスクなどのキノコ類だけでなくビール酵母などにも含有されているのでサプリメントで摂取することも可能です。

βグルカンは、腸の内壁にある免疫細胞に働きかけるため、空腹時に摂るとより効果が高まります。毎日の食事から摂取できるβグルカンの量は少量なので毎日少しずつでも食事にとり入れることで効率よい摂取が可能です。