食品と栄養の事典
*

αリポ酸の効果と効能【多く含む食べ物・サプリ】

αリポ酸とは?

アルファリポ酸(αリポ酸)は、人間の細胞約60兆個それぞれに存在する酵素の一種であり、細胞でエネルギーを作るために必要な物質です。日本では糖尿病の合併症を防ぐ医薬品でしたが、2004年より一般のサプリメントに配合可能な成分として認可され、非常に強力な抗酸化力があるため人気がでました。

αリポ酸は体内のミトコンドリアを活性化して、ブドウ糖のエネルギー変換効率を上げたり、活性酸素を抑えてアンチエイジング(老化防止)の作用があることから注目を集めています。最近はコエンザイムQ10やL-カルニチンなどの他の成分と同時に配合されている商品が多く販売されています。

体内で生成できますが、加齢とともに生産量が減少していきます。αリポ酸が体内で不足するとエネルギーの生産効率が悪くなるため、疲れやすくなったり、抗酸化力が低下するために動脈硬化や生活習慣病になりやすくなります。

αリポ酸の効果や効能とは

αリポ酸には、他の成分よりも優れた抗酸化作用があるため、老化防止やダイエット効果が期待されています。抗酸化作用とは、体の様々な機能を衰えさせる原因とされている「活性酸素」を除去し酸化するのを防ぐ作用です。

しかもこの抗酸化作用が、ビタミンEやビタミンCの数百倍とも言われるため老化防止やダイエット効果が高いと言われているのです。

疲労回復効果
αリポ酸は、細胞内のミトコンドリアがエネルギーを生成するために必要不可欠な物質です。エネルギーを常に作ることで疲労を回復する効果を持ちます。実際にαリポ酸が医薬品のチオクト酸として利用されるときの効果として激しい肉体疲労時に摂取するというものがあります。

肌を若々しく保つ効果
コラーゲンは、肌のハリを保つために大切ですがαリポ酸は、そのコラーゲンの新陳代謝に関係し肌を若々しく維持するために必要な物質です。また、αリポ酸には抗酸化作用があるので、肌のシミ・しわの原因となる活性酸素を除去し肌を若々しく保つ作用があるのです。

糖尿病を予防する効果
αリポ酸には、血糖を細胞内に取り込みエネルギーとして使用する働きを助けるため血糖値が上がりすぎないように制御します。実際にヨーロッパでは、このようなαリポ酸の作用を利用して治療薬として使用しています。

ダイエットへの効果
αリポ酸には体内のミトコンドリアを活性化し基礎代謝を増やす働きをします。血液中のブドウ糖をエネルギーに変換する作用もあるため、過剰に摂取した炭水化物を体外に排出します。

αリポ酸を多く含む食べ物は

αリポ酸を多く含む食べ物としては、ほうれん草やレバーなどがありますが、αリポ酸の期待される効果を得るためには一日に200~300mgの量を摂取しなければなりません。食品に含まれているαリポ酸の量は非常に少ないため食品から摂ることは現実的ではないでしょう。αリポ酸は、ブームになってから配合されている商品が多数製品化されていますのでサプリメントなどから摂取することをオススメします。

食品 含有量(mg)
ほうれん草 0.024
牛レバー 0.012
ブロッコリー 0.010
グリンピース 0.005
トマト 0.003

αリポ酸の摂取方法

食品には微量しか含まれていないため、食品からαリポ酸を摂取することは難しいのですが少しでもαリポ酸を取り込みたいという場合には、次のように摂取することで効率よく摂取できます。

まず。αリポ酸は脂溶性と水溶性の両方の性質を持っています。すなわり、油にも溶けるし、水にも溶けるということです。そのため、ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜は水にさらしたり茹でたりせずに、ドレッシングをかけたサラダ、スープに入れる、炒め物にするなどして油を一緒に食べることです。

また、αリポ酸の吸収は空腹時の方が高いため、食事の時はほうれん草、ブロッコリー、トマトなどのαリポ酸が比較的多く含まれている食べ物を先に食べるようにするといいでしょう。

αリポ酸の副作用や注意点は

もともと体内に存在する補酵素であり食品にも存在するので目立った副作用は報告されていません。ただし、血糖値を下げる働きがあるので糖尿病の方は血糖値に注意してください。また、医薬品としてαリポ酸(チオクト酸アミド)を処方されるときの副作用としては食欲不振、悪心、下痢などが挙げられています。

また、以前は医薬品として使用されているので効果は期待できますが、その反対になんらかの副作用的な問題がでることも考えられます。特に過剰摂取するとめまいや動悸、発疹といった副作用が出ることが報告されているのでサプリメントなどから摂取する場合は、製品の容量や用法を守って摂取してください。